ぷれぜん仙人のブログ

〜言葉で人を動かす技術の探究〜

そうだ、革靴買おう!【めくるめく高級革靴の世界へのご招待】

f:id:presen-sen-nin:20200627183310p:plain 


ぷれぜん仙人です、

今日は休日なので、、、

とてつもなくマニアックなネタ
を書いてみたいと思います。

・多分、読んでくれる人は相当少ない!

・誰も興味ない可能性も否定できない!


と思うのですが。笑

予定調和のネタだけだとツマラナイな〜
と思い、たまにこういう”訳わかんないやつ”
もぶち込んでいこうかと思っています!笑

 

革靴の虜になった男の末路・・・

 

自慢じゃないのですが、
 私の靴箱には、

10万円以上の靴しか入っていません。
(スニーカーとは除き、革靴に限る)

1番高いやつだと30万円位
するものもあります。

あまり数を意識していませんでしたが、
数えてみたら12足ありました。

 

f:id:presen-sen-nin:20200627183716j:plain


ちなみに、

「最盛期」は20足くらい?ありましたが、

サラリーマンを辞めたこと、
奥さんからの強いクレームもあり、

「お気に入り」の物だけを残して
メルカリなどで売ってしまいました。

その結果が現在のラインナップです。

ちなみに、内訳としてはこんな感じです!

 

Church's 3兄弟

f:id:presen-sen-nin:20200627183751j:plain


左から、

・Church's(SHANONN)

・Church's(GLAFTON)

・Church's(CHETWYND)

靴好きじゃないと知らないかもしれませんが、
イギリスの老舗の革靴ファクトリーです。
 

左の2足は、”ポリッシュドバインダー”という
チャーチオリジナルの樹脂加工された靴です。

一般的な”ガラス革”のようなチープな輝きでなく、
コードバン!?という感じの、

自然で美しい艶が魅力です。

私は、サラリーマン時代はこの2足を
「雨靴」として使っていました!

こんな贅沢なチャーチの使い方したら
バチが当たりそうですが、、、

すごく気に入っています。
やはり無骨。男臭い。

シャノンはデニムでもよく履いてます。
とにかく、カッコいいです。

 

ローファー 3兄弟

f:id:presen-sen-nin:20200627183820j:plain

・JM Weston(180 Signature Lofar)

・EdwardGreen(PICCADILLY) 

・EdwardGreen(PICCADILLY) 

JM Westonは「ザ・ローファー」の
フランスの靴、

エドワードグリーンは
イギリスを代表する高級靴です。

サラリーマン辞めてしまってからは
こればっかり履いてますね。笑

めちゃくちゃ便利。何にでも合います。

”エドワードグリーンのローファー”というのが
個人的なこだわりポイントです。笑

 

➡️後日追記:ローファーを徹底解説しました!

www.presen-sen-nin.com

 

エドワードグリーン 3兄弟

f:id:presen-sen-nin:20200627183852j:plain

・EdwardGreen(DOVER)

・EdwardGreen(BERKELEY)

・EdwardGreen(DOVER)

どんだけエドワードグリーン好きやねん!
って感じですが。。。好きなんですよね。笑

エドワードグリーンは「ラスト(木型)」が
重要&ウリでして。

足に吸い付くようなフィット感が堪りません。

DOVERは両方「32」、
BERKELEYは「202」ですね。

ちなみに、

真ん中のエドワードグリーンは本国から
「輸入」して買ったものです。

関税だけで2万円以上取られたのも
良い思い出です。

 

ALDEN 9901

f:id:presen-sen-nin:20200627183926j:plain

 

革靴好きなら知らない人はいない!

というALDEN。コードバン(馬革)です。
ド定番のプレーントゥ。

写真だと分かりにくいですが、とろけるような
ヴァーガンディーのカラーです。

とにかく艶感が美しい。

エイジングしてどんどん惚れ惚れする
革に変わってきています。

ボテっとしたラスト(木型)ですが、
見た目に反し、すごく繊細にフィットします。

 

勝負靴(ストレートチップ)

f:id:presen-sen-nin:20200627184127j:plain


・JohnLobb(CITY)
・EdwardGreen(TopDrawer:GLADSTONE)

王者ジョンロブ、そしてエドワードグリーンの中の
最高級ラインのTopDrawer仕様のGLADSTONEです。

私のコレクションの中でも、
革質が”断違い”で良いですね。

ずっと眺めていても飽きません。笑

そしてフィット感もヤバい。
なんじゃこの靴は!?という完成度。

「勝負靴」としてカチッとした時に
履く用途で買ったのですが、、、

これはもはや、「いつ履くのかしら??」
と思っています。結婚式もないし、、、

 

人間の欲望は限りがない!


人間の欲望というものは恐ろしいものです。

気づけばこれだけ大量の革靴が
靴箱を占拠する状態になってしまいました。

たくさん買えば買うほど、
また別のものが欲しくなる!

という感覚がよく分かりました。笑

サラリーマン時代は週に5日、
月に20日は履く機会があったので

まだ良かったのですが、、、

現在はフリーランスになってしまい、
しかも最近のコロナの影響で

スタバにすら行かなくなってしまいました。

この革靴一体どうするねん!

と思っています。
(もちろん、売りませんが!)

 

元は、丸井でセール靴を買っていました・・・

 

こうして、ズラリと揃えていると、
私はずっと靴に関心が高かったように
見えるかもしれません。

が、

実は社会人になってしばらくの間は、
むしろ全く注意を払っていませんでした。

買っていたのはマルイの年末で
叩き売られるようなセール物(15,000円位)

を2足ぐらい買って、

ボロボロになるまで履き潰す
スタイルでやっていました。

なんでこんなことになってしまったのか??

キッカケは時計ですね。

 

時計にこだわる

スーツにこだわる

靴にこだわる

ネクタイ、シャツにこだわる

バッグにこだわる

ベルトにこだわる


みたいな感じでドミノ倒しが起こります。

最初は4万円の”ジャランスリゥワヤ”
で大満足だったのですが、

それが1足、2足と増えていって、
次第にランクが上がっていって、、、

エドワードグリーンを買った後は、

あまりに履き心地が良過ぎて、
他のブランドを買う気がなくなった、、、

というのもあります。

これって、
高い革靴買ったことのない人からすると、


狂気の沙汰!意味不明!

でしかないと思うんですよね。
分かります。私もそう思っていましたから。

で、

たぶん伝わらないのは承知の
上なのですが、

何がそんなに良いのか??

をせっかくなので書いてみようと思います!

 

高級革靴の良いところ(5選)

 

1、一流の商品を”良心的”に購入可能!

 

革靴と言うのは実はとても良心的なのです。

意味わからん!と思うでしょうが、

世の中の多くのブランド品を
思い浮かべてみてください。

例えば、宝石とか、バッグとか、時計とか、
スーツとか、、、

まぁ、いろいろあると思います。

これらのジャンルで、

「一流の商品」と「三流の商品」を比べたら
価格差ってとんでもなく大きくないですか??

例えば、


・大学生が付ける宝石  vs セレブの宝石

・新入社員が使うバッグ vs 金持ちが使うバッグ

時計でも、バッグでも、スーツでも、

めちゃくちゃ、価格差が大きいんですよ。

そこへいくと高級靴と言うのは、

例えば既製靴の中では最高級品である、

ジョンロブの革靴でも
20〜30万円で購入することができます。

「三流の革靴」でも2〜3万円はしますから、
その差はわずか10倍という良心的な価格なのです。

つまり、

一流の時計、スーツ、バッグは買えませんが、
一流の革靴なら手が出るのです。

一流の品物を身につけている、、、
ただそれだけで結構テンション上がります!

それができるのは革靴だけです。



2、消耗品ではなく、人生の相棒

 

多くの日本人にとって、革靴は消耗品です。

たいした手入れもせずに、
シューキーパーもブラッシングもせずに
履きつぶして終わりと言う人が結構います。
(昔の私もそんな感じでした!)

しかし、

しっかりした作りの革靴は
”グッドイヤーウェルト製法”で作られています。

まぁここはマニアックなので解説しませんが、
要は「靴底を交換することができる」のです。

しかも、革質もすごく良いので、

ちゃんとお手入れさえすれば、
「経年劣化」ならぬ「経年良化」します。

そのためきちんと手入れをしながら履いていけば、
10年、20年と履き続けていくことができるのが
高級革靴の魅力です。

しかも、

こうした製法で作られた革靴というのは
ソールに練られたコルク敷き詰められており

履いていくうちに自分の足形に
コルクが沈みこんでいきます。

履けば履くほど自分の足の形に合っていき、
「極上の履き心地」に変わっていきます。

自分と一緒に時を刻み、歳をとっていく
「相棒」のような位置づけになるわけです。

これって素敵じゃないですか??

3、”その他大勢”の日本人と差別化

 

もしあなたが、ファッションにおいて
差別化をしたかったら

簡単な方法は、靴に投資することです。

多くの日本人は、スーツ、時計、バックなどには
お金を使いますが、靴やベルトなどは安物で
済ませている人が多いです。

かっこいいスーツ着て、高い時計してても、
靴見たら、「残念!」という人はけっこういます。

女性もそういう人いますね。
(反射的に、どうしても靴を見てしまいます。)

実は、欧米などに行くと話が逆になります。

おしゃれな人ほど靴に投資をするのです。

靴を見ると、その人の人格が分かる!
というくらい、重要視されるのが欧米社会。

靴が一流のもので、しっかりと手入れが
行き届いたものを身に付けていれば

「この人はしっかりした紳士である」
と評価されるのが、あちらの世界のようです。

そこへいくと、日本人は、

 

・ブカブカのサイズの合っていない靴

・全く手入れがされておらず、薄汚れている

・革質、木型などがいかにも安物

 
という靴を平気で履いている人が大多数。

そもそも、ひも靴なのに、ひもを緩めて脱いで、
履く時に締めていない人がめちゃくちゃいます!


これって多分、相当恥ずかしいレベルの行為です。
スリッポンじゃねえぞ、馬鹿野郎!と怒られますよ。

まあ、私も偉そうなことは言えず、
靴に意識が向くまでは

「ヤバい状態の靴」を平気で履いてました。

当然、靴紐も毎回そのままでカカト潰してました。
(今考えると凄まじく恥ずかしいです!)

話それましたが、

靴に投資をするだけで、
簡単に差別化できる!

というのが革靴の魅力でもあります。

 

4、眺めて良し、履いて良し

 

本当に良い革から、一流の職人が
最高の木型で作った革靴、、、

というのはとにかく美しいです。

流行に全く左右されない、
普遍的な美しさを感じます。

たぶん、20年後でも通用します。

休日などに磨いて眺めているだけで
何か幸せな気持ちになれます。

もちろん靴なので履くのがメインです。

履いていると気持ちが引き締まって、
なんかセルフイメージが上がって嬉しいです。

よくナルシストの人が、自分の顔が鏡に映るたびに
髪型チェック!とかしていますが、

靴好きは、歩いていて、自分の靴が鏡に映ると
チェックしてしまいます。笑

ヤバい人です。笑

しかし、

何度見ても惚れ惚れする!くらい美しいので
しょうがない!という感じです。

 

5、お手入れ自体が楽しい!

 

これは革靴マニアの人”あるある”だと思うのですが、
手入れがすごく楽しいのです。

ちゃんと一足、一足に合った形のシューツリーを
購入して、革に栄養与える目的のクリーム、
光らせる目的のワックスなどいろいろなものを

用意して磨くのがなんとも楽しい感じです。

こんなセットがあります。

f:id:presen-sen-nin:20200627213915j:plain



私の中ではある種の瞑想のような感覚もあり、
何か頭がモヤモヤするときは

靴磨きをすることもある位です。
(なぜか、心も磨かれます!)

ちなみに、

サラリーマンの時はビカビカに
光らせるようにしていたのですが、

今はそういう風にはしていません。

やろうと思えば良い革なので
めちゃくちゃ光るのですが、、、

女性の厚化粧みたいな感じで、

肌の健康に良いか?
というと良くないみたいです。


しっかりブラッシングしてさえいれば、
応えてくれるのが良い革です。
 

現在の一番のお気に入りの靴は?

 

こうしてたくさん持っていると、
どれを履くか?悩みます。

なかなかローテーション
回ってこない靴も多いです。

ちなみに、

今、一番お気に入りで履いてる靴はどれか??
というと、、、、

 


















 

 

f:id:presen-sen-nin:20200627193633p:plain


アディダス、ウルトラブーストです!

すいません、オチをつけてしまいました。。。

しかし、

めちゃくちゃ履きやすい。
散歩に重宝しています!


いや〜、コロナのせいですね。

最近はスタバにも行かないので、
外を出歩く時 = 散歩です。

スニーカー、滅多に履かなかったのですが、
最近はこればっかりになっています!

もっとたくさん革靴を活用したいと
思う今日この頃ですが、、、

 

今日のまとめ:革靴は男のロマン!

f:id:presen-sen-nin:20200627114338j:plain


というわけで、今日は思いっきり
マニアックなネタでお届けしました。

女性の人が「宝石」に魅せられるように、、、
革靴は男のロマンですね。

この記事をキッカケに、

男性の方で革靴に興味を持っていなかった方
革靴に興味を持つきっかけになれば幸いです!

また、女性の方であれば、

旦那さんや彼氏さんなどに革靴を勧めて頂く
のも良いかもしれません。

真面目に、革靴に意識が向いていない
日本人、多過ぎです。もったいない。

靴って、すごく重要ですよ!

カッコいいスーツ着てても、
靴がお粗末だったら、

びんぼっちゃまくんです。
(私の年代以外、分からないですね!)

f:id:presen-sen-nin:20200627213449j:plain


ちなみに、

フリーランスになるかも?しれない人は、

ハマってしまって、私のように狂った
コレクションは
しないことをオススメします。

やはり、

「履いてナンボ」だと思いますので。。。

もし”高級革靴”の世界に興味を持った方は
こちらの本などが入門書としておすすめです!


紳士靴を嗜む はじめの一歩から極めるまで

紳士靴を嗜む はじめの一歩から極めるまで

  • 作者:飯野 高広
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: 単行本
最高級靴読本 究極メンテナンス編 MEN'S EX特別編集

最高級靴読本 究極メンテナンス編 MEN'S EX特別編集


後は、興味を持ったら実際の売り場に
行ってみるのが一番ですね。

(都内であれば、伊勢丹メンズ館の地下1階です!)

ニーズがありそうなら、

続編があるかもしれません!笑


今日は以上になります!

 

 ぷれぜん仙人

 

後日追記

 

この記事がやたら好評で、
たくさんのはてなブックマークを頂き、
PVもすごいことになりました!!

こんなニーズがあると
思わなかったのでびっくりです。

革靴シリーズ、また
書いてみようと思いますので、

革靴にご興味あれば
ぜひ読者登録お願い致します!(^ ^)

 

インスタも始めてみる予定です!
革靴の写真を、1個ずつアップ
していこうかと思っています!

https://www.instagram.com/presen_sen_nin/