ぷれぜん仙人のブログ

〜言葉で人を動かす技術の探究〜

フリーランスと健康(理論編)【最も大切な資産”健康”を守るためのレバレッジ・ポイント】

f:id:presen-sen-nin:20200513202321p:plain


ぷれぜん仙人です、

今日は最重要の資産である「健康」
について書いてみたいと思います。

 

あなたは自分の健康状態に
自信がありますか??

健康診断オールAです!
今後も悪化する見込みがゼロです!

という方は読む必要ありませんが、

もし、少しでも不安があるという方は

 

すごく重要なテーマになるので、

じっくり読んでみて頂けると良いかと思います。

一度壊れてしまった健康は、簡単に元に戻りません。
壊れないための予防を考えていくことが重要です。

では、本題に入りますが、

 

20代の頃は健康なんて
何も考えていない人がほとんどです。

 

しかし、

 

30代になると、

 

「新入社員の頃とは別人の体型」

 

になってくる人がチラホラ出てきます。

 

外見だけでなく、体の中も

”かなり不健康”が進んでくる人も多いです。
(私の友人はアラフォーで糖尿病に、、、)

 

特に、結婚して子供いたりすると

その傾向が強い気がします。

 

私自身も最近、
久しぶりに行った健康診断で、、、

 

中性脂肪が「ありえない数値」になっており
愕然としました。。。

まさか、こんなことになっているとは・・・
という感じで強い危機感を感じています。
(糖尿病の友人を笑っていたのですが、、、) 


改めて、今回反省しているのは、

 

毎年、健康診断に行くのは必須


ということですね。

サラリーマンは健康診断が
毎年「強制的に」やってきます。

 

私も大手企業にいたので、
この辺のケアは充実していました。

 

毎年健康診断の季節がやってくると、

しつこく予約を督促されたりして、、、

受けた後は、事後フォローなんかも充実していて、
辞めてから気づきましたが、

「結構、至れり尽くせりだったな」と。

 

しかし、

 

フリーランスになると、当然ですがそれらを
全部自分で管理しないといけなくなります。

 

健康診断というのは、コストです。

 

そこに行っても行かなくても、1円にもならないし、
時間とお金と精神力?を消費する行為です。

なので、自発的に自分で行こう!という
モチベーションが湧きづらいです。

その結果として、、、

「気づけば2〜3年受けていない」

ということになりがちだと思います。
(私も丸3年近く受けていませんでした!)

しかし、

芸能人とかでもありますが、
久しぶりに受けた健康診断で

○○という病気が見つかった!

みたいなことになりがちです。

 

もう、無理やりにでも予定を入れる!
というのが大事ですね。

 

自分以外の人に強制予約してもらう、

というのは一つの手かと思います。

 

私も奥さんに強制的に予約を入れられたことで
ようやく重い腰が上がった、

という経緯がありました。


健康管理で大事なのは徹底的な悲観

 

私はこと健康問題については、

 

徹底的なネガティブシンキング
考えていくことが必要だと今回痛感しました。

 

能天気なポジティブシンカーは危険です。

 
多くの身内、会社などで知り合った年配の方を
見てきて、また自分自身の体験からも

 

私たちは、自分の健康が壊れてから

慌てて健康の大切さを痛感するのです。

 

が、

 

一度壊れてしまったものは中々元に戻りません。

 

それもそうでしょう。

私たちは健康というものを、「長い時間」を
かけて徐々に破壊していきます。

 

10代で親元で過ごしている時は、多くの人は

「暴飲暴食」なんてしません。

 

大体、”不健康な生活”というのは、18、19の

大学生、社会人としての自立後からスタートすると

思います。

 

20歳からたとえば20年、30年かけて

体を痛めつけて、

40歳や50歳で何らかの「問題」が出てきたとする。

 

それが3ヶ月や6ヶ月の「健康的な生活」で回復する

という想定が非現実的です。

 

ガン、心臓病、脳卒中、糖尿病

 

のいずれかに私たちは、

 

「ほぼ、必ずなってしまう」

 

という想定のもと、悲観的に考え、対策をして
おくことが必要かと今回痛感しました。

 

楽観論者は、ある日病気になり、死にます。

 

心についても同様。

私たちは心をぞんざいに扱ってしまいがちですが、
20〜39歳までの死因の1位「自殺」です。

www.mhlw.go.jp



一度壊れてしまった心も、臓器同様に
なかなか治りません。

 

時間をかけて壊れたものは、

時間をかけて治していく必要があり、

重要なのは「壊れないようにケアする」
ということだと思います。

 

健康管理のレバレッジ・ポイント


では、 


健康になるためのレバレッジ・ポイント
は何でしょうか?

これについては、色々意見があると思いますが、
私はけっこう「健康オタク」ということもあり、

正確に言うと「健康知識オタク」

実践がイマイチ、という部分があるのですが、、、

以下のものはレバレッジポイントとして
重要なんじゃないかな?と思っています。

それは、

1、食べる量

2、日々の運動

3、メンタルのケア

4、排泄

5、睡眠

 

の5つです。

この5つさえ、押さえておけば、

そうそうおかしなことには
ならないんじゃないかな?

と思っています。

今回のブログではこの1〜3の部分について
特に書いてみようと思います。

ちなみに、

4の排泄についてはこちらのエントリー

コロナに負けない体を作ろう!【免疫力強化/パフォーマンス発揮のための、4つの強力アクション】 

5の睡眠についてはこちらのエントリー

自律神経を整える方法【寝る前の効果的なリラクゼーション】


でちょっと触れています!

 

食生活の最大の問題は「食べる量」

 

食生活が健康を左右する、

というのはたぶん99%の
人が賛成する話だと思います。

が、多くの人は

 

「何を食べるべきか、何を食べないべきか」

を考えているように思います。

もちろん、

カップラーメンやマクドナルドを毎日食べる
ような食生活が体に良いわけないですし、

有機栽培で育てられた野菜や、
玄米菜食、伝統的な日本食などを
日常的に食べるのが健康に良いのも

間違いのない事実だと思います。
そりゃ、良いでしょう。

 

しかし、

それよりも、何よりも、

私たちが意識すべきは「食べる量」
だと思います。

 

生活習慣病の多くの原因は、

「食べ過ぎ」であるというのが

 

多くの医師の指摘するところです。

 

昔からよく言われるように、

 

腹八分目で医者いらず。

腹六分目で老いを忘れる。

腹四分目で神に近づく。


という言葉があります。

食べ過ぎは、

・”内臓さん”たちにブラック企業・
 ハードワークを課して疲弊させます

不必要な脂肪を溜め込み、血液の質が落ち、
 万病の元を引き起こします

これらが積もり積もって、内臓を破壊し、
生活習慣病を引き起こします。

とにかく食べ過ぎは「毒」です。

健康的なオーガニック食品を
”腹12分”で飽食している人

と、

質素な粗食を腹八分で
食べている人

だったら、たぶん後者の方が長生きです。

何を食べるか?ももちろん大事なのですが、
まず「食べ過ぎない」というのが

最大のポイントです。  

食べ放題に行って、

・たくさんの種類の食品を
・腹十二分に食べまくる

というのは、ハッキリ言って、
内臓さんへの虐待行為だと自覚すべきです。

消化行為というのは私たちが思っている
以上に、スーパーヘビーな労働です。

ご飯食べたら眠くなる、
お腹いっぱい食べたらパフォーマンス落ちる、

というのは、身体のエネルギーが消化という
大事な仕事にかかりきりになるからです。

私は、「つけ麺特盛」などの虐待行為を
ずっとしてきたので今後は猛省しようと
思っています。

 

習慣化されていない運動は無意味


次に運動です。

私たちは「動物」という言葉が示す通り、
動くことが前提で設計されています。

植物のように動かないでいると、
色んな弊害が生じてきます。

動かないと、

・血液やリンパの循環が悪くなり
・筋力や体力が衰え
・肥満などの原因になり
・免疫機能が弱くなり
・精神的にも不安定になり

と、数えきれないデメリットがあります。

そもそも、

私たち人間は、原始時代は言わずもがな、
平安時代も、江戸時代も、おそらく昭和でさえ

「今よりもっともっと動いていた」

という事実があります。

車に、電車に、ルンバに、全自動洗濯機、
おまけに仕事のほとんどがPCの前。

ついには通勤さえなくなり、
会議もZOOMで全て完結!

、、、とやばい時代に突入してます。

私たちは、意識的に運動しないと
植物のように根を下ろし動物である
ことを放棄した生活になりがちです。

運動のレバレッジポイントとしては、

「どれだけ習慣化できているか?」
「どれだけ日常の中に組み込まれているか?」

という点だと思います。

月に1回の登山や、
週に1回のランニングでは不十分です。

少なくとも、

毎日30分以上(できれば1時間)は歩く


ということは必須かと思います。 
足は「第二の心臓」と呼ばれるように、
歩くことで血液が循環します。

歩かないと淀んだ川のように血液が濁ってきます。
ドブ川になったら、生活習慣病です。

高齢の方で、歩けなくなると一気に
身体が弱くなるのはそのためです。

歩かないということは予想以上に
身体に悪い行為だと心得る必要があります。

また、

筋力の70%が下半身に集中しているため、

歩かない

筋力低下

基礎代謝低下

デブ

というデブへのゴールデンルート
繋がってしまい危険です。 

 

というわけで、毎日運動しましょう!
とくに、歩きましょう!

 

メンタルの健康が最大のレバレッジ

 

最後にメンタルです。

昔から「病は気から」という言葉がありますが、
これは現代的な知見でも、

メンタルの健康が免疫機能に計り知れない影響を与える

ということが、
多くの医者から言われています。 

心が病んでいると、体も病気になります。

コーチング理論的に解釈すると、

心が病み、生きている意味が見出せなくなると、
「ゴールがない状態」になります。

ゴールが無くなると、
人は「死に向かう」ようになります。

病気は自己表現、
みたいなことを言う人もいますが

実際、

学校に行きたくないからお腹を壊す、
会社に行きたくないから病気になる、

というくらいのことは平気で起こります。

最悪なのは、

生きている意味がないから大病になる。
という状態です。

なので、

体の健康以上に、心の健康もケアする
必要があるということを意識すべきです。

  

サラリーマンから独立した
フリーランスの多くが感じる問題は

「強烈な孤独感」だと思います。

 

サラリーマンというのは、

 
やはり集団の輪のなかに
所属しているという感覚があります。

私たちはそもそも、

幼稚園から始まり、常に「何らかの集団」
のなかに所属して生きてきました。

それがフリーランスになると、

「人生初めて、社会から切り離されたような感覚」

になる人もいます。
(私は完全にそれを感じました。)

私は幸いなことに、家族がいたのでまだ
孤独感が薄かったと思いますが、

独身だったら、

かなり絶望に近い孤独感を感じたんじゃないかな?
とちょっと想像しました。

 
一人になると、会話をしなくなります。
(一人でしてたらヤバイですね。。。)

会話をしなくなると、笑わなくなります。

笑い、という機能は私たちが思っている以上に
重要であり、

笑うことで、ナチュラルキラー細胞(免疫機能の
重要な白血球)が活性化するという研究もあります。

他にも、

・血圧を下げる

・自律神経のバランスを整える

・血糖値の上昇を抑える

などの効果もあるようです。

なので、フリーランスになったら、

絶対に何らかのコミュニティーに複数所属する

 
ということはやった方が良いですね。
これまでの友人関係なども大切にした方が良いです。

家族がいない人は、
パートナーを見つけることも重要かと思います。

心の健康は一度壊れてしまうと、
なかなか修復しません。

自分のメンタルヘルスをチェックしながら、
早め早めに手を打っていくことは重要かと思います。 

 

 

健康問題は宗派カルトのマウンティング合戦

 


健康問題というのは、議論が尽きません。

どれが正解なの??

という多数の流派の教えがあります。

それぞれの流派は、

「自分の流派が正しくて、
他の流派は馬鹿、キチ○イの集まり」

みたいな泥仕合を繰り広げています。

私は、

1つの流派の考えが正しい、と思って思考停止する人の

ことを私は「宗派カルト」と言っています。

 

(こちらの記事を参照ください!)

www.presen-sen-nin.com

 

健康問題については、本当に宗派カルトが多いのです。

正直、何が正解で不正解か分かりません。

 

例えば、


身近なところでいけば、
 

朝ごはん食べる派 vs 食べない派


バランスの良い食事推奨 
   vs 
素食や少ない種類の食事推奨

みたいなライトな議論から、

癌の標準治療推奨 vs 標準治療こそ悪

みたいなヘビーな議論まで、
まあ、いろいろあるわけです。

 

私の考えとしては、

 

その人の体質、性格、年齢、生き方
にあった方法を取り入れれば良い

 

という風に考えています。

 

性格も体質も違うのに、
他人の正解が自分の正解とは限りません。


20代の若者は多少の暴飲暴食を
しても問題ないし、やっておいた方が
後の後悔がないかもしれません。
 

なので、

 

 

思考停止に陥らず、常に自分なりの答えを
探求していくことは重要かな、と思います。 

 

今日のまとめ 

 

とにかく健康は大切です。

壊れてから慌ててもダメです。

あまり健康を甘くみないで、悲観的にしっかりと
病気になるまえから重要視して取り組むことが
大切だと思います。

フリーランスの人は、
必ず毎年、健康診断に行きましょう!

特に、

レバレッジポイントとしては、

1、食事の量を食べ過ぎない
2、毎日、習慣的に運動をする
3、心の健康に気を遣う


というところかな、と思います。

今日は理論編という感じでした。

また別記事で「どういうアクションをすべきか?」
という記事も書く予定です!

そちらも楽しみにしてください!


今日は以上になります。


ぷれぜん仙人


 こちらが今日の続編になります!

www.presen-sen-nin.com

 

今日のテーマはこちらもオススメです!

www.presen-sen-nin.com

www.presen-sen-nin.com

www.presen-sen-nin.com